産後ダイエットの成功法則【産後ダイエットの方法】

-  |  次の3件 »

産後 ダイエット スリミング


産後のダイエットは、赤ちゃんを産んだばかりの女性にはやはり気になるものです。
お腹のぽっこりが戻らない、実際の年齢よりも老けて見られるなど、お悩みも色々。
妊娠中は、どうしても運動はだけではなく、ちょっと体を動かすこともできなくなります。
それから、お腹が大きくなるせいで体をねじったりがしにくくなり、動作もゆっくりになります。
すると、当然筋肉量も減り、基礎代謝量が下がるので、カロリーが消費しにくくて太りやすい体質になってしまいます。
さらに、骨盤が開いた状態なので、お尻が大きくなってしまったり、下腹部が出たりといった原因にもなります。
産後ダイエットは、あせったり、無理をしてはいけません。
基礎代謝が低くなって、ますます太りやすい体質になったり、体調をくずしたりしてしまいます。
だから、基礎代謝を元に戻す努力をしないまま、摂取カロリーをカットするようなダイエットは厳禁です。
まず食事ですが、特に授乳期の間は、カロリーよりもバランス重視で食べるようにします。
また、産後は骨盤が開いた状態にあるので無理に動きすぎたりせずに、リフォーム下着を着けて、ストレッチや軽い運動をしましょう。
産後ダイエットは、体重だけではなく、筋肉量を元に戻すようにすると、体が消費するエネルギーが増えて自然にやせられるようになります。
2007-07-15 21:48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

授乳 中 ダイエット 産後 ダイエット


産後と切り離せないのがダイエットですね。
体重は戻ったのに、お腹のぽっこりが戻らないなんていう方もいるようです。
妊娠中というのは、どうしても運動はもとより、体を動かすこと自体も制限されるようになります。
そして、お腹が大きくなるため、体をねじることもしにくくなるし、ひとつひとつの動作がゆっくりになります。
それでは、筋肉もおとろえるので、基礎代謝の少ない、カロリーを消費しにくい体質になってしまいます。
しかも、骨盤が開いた状態になるので、下腹部が出たり、お尻が大きくなる原因にもなります。
産後のダイエットでは、ついついあせってしまいがちですが、絶対に無理をしてはいけません。
無理なダイエットをしていると、後々体調をくずしたり、基礎代謝をさらに低下させてもっと太りやすい体質になってしまいます。
したがって、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を上げる努力をしましょう。
はじめに食事ですが、授乳期は特にカロリーを気にするよりも、バランスを考えて食べるようにします。
骨盤を締めるために、コルセットやサポーターを巻きましょう。また、座るときも姿勢を正して座ります。
赤ちゃんがしっかりお座りできるようになれば、ベビーカーウォーキングもおすすめです。
2007-07-08 04:34 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産後 ダイエット 健康 綺麗


産後ダイエットってふつうのダイエットとはちがうのでしょうか?
出産を終えてしばらく経つのに、出産前の服が着れない、だんなの態度がちがうなどいろいろな悩みがあると思います。
妊娠をすると、運動はもちろん、普段ちょっと体を動かすことも制限されることが多くなります。
また、お腹が大きくなるので動作がゆっくりになったり、体をねじったりがしにくくもなります。
すると、当然筋肉の量も減りますので、基礎代謝が悪くなりカロリーを消費しにくい体質になってしまいます。
おまけに、骨盤が開いた状態にあるせいで、下腹部が出たり、お尻が大きくなる原因にもなります。
産後は、元の体型に早く戻したい気持ちはわかりますが、決して無理なダイエットをしてはいけません。
無理なダイエットをしていると、後々体調をくずしたり、基礎代謝をさらに低下させてもっと太りやすい体質になってしまいます。
したがって、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を上げる努力をしましょう。
はじめに、食事はちゃんと3食摂ります。ただし、過食や間食には注意です。
骨盤が開いた状態にあるので、下腹部にコルセットやサポーターをつけましょう。座るときは、姿勢を正して座ります。
母乳を止めたら、わじわ太りだしたという人もいるので、基礎代謝の高い体作りを心がけましょう。
2007-07-06 07:55 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 産後ダイエットの成功法則【産後ダイエットの方法】 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。